2015年01月06日

月刊PGP  2014年12月(2014-15 第七月)

【第三勢力の台頭?第2グループより三頭の有力馬が誕生!】

それぞれ重賞馬を持ち、2強体制を盤石のものとしているBABE氏、大和魂氏。
離れた位置を追走する第2グループよりクラシックを期待できる馬が3頭登場しました。

葉牡丹賞(12/6 中山芝2000m)を制したのはトーセンバジル(あるど氏2位指名)。
そろったスタートでしたがトーセンバジルは最後方からの競馬も
3コーナー手前からレースが動き出すと3コーナーを大外から捲るように進出。
最後の直線を大外から敢然と追い上げ、クビ差で勝利しました。
これで4戦2勝、2着2回と安定した成績を残しており、過去に負けたのはティルナノーグのみ。
派手さはないものの、堅実な成績は今後に向けての強みと言えます。


シクラメン賞(12/7 阪神芝1800m)はポルトドートウィユ(おっぺけ氏1位指名)が
少頭数のレースをやや後方から進めると、外に持ち出して追い込み
上がり3ハロン33秒5の足で1馬身1/4差勝ちを収めました。
こちらも4戦2勝、2着2回。4戦すべて上がり3ハロン最速と能力の高さを示しております。


千両賞(12/28 阪神芝1600m)はまとまった馬群の中段につけたアンビシャス(ストロング小林氏5位指名)が
楽な手ごたえのまま最後の直線を外に出し、残り200を切ったところで抜け出して1/2馬身差で勝利しました。
2戦2勝と無傷でオープン入り、着差以上に安心してみられるレースぶりでした。
次走はC.デムーロ騎手で共同通信杯(2/15)を予定しております。



12月はあるど氏が3勝を挙げ、上位進出の体制を整えつつあります。


1 BABE 129,680 11-5-0-9
ブライトエンブレム・コートシャルマン・ルアンジュ・サフィロス・ブルックデイズ・アグスタ・コンテッサトゥーレ・コスモキーマン

2 大和魂 123,850 7-3-3-13
アヴニールマルシェ・ペガサスボス・エクシードリミッツ・ベルラップ・アッシュゴールド

3 ストロング小林 70,600 6-6-2-10
ロジチャリス・レッドルモンド・エニグマバリエード・アンビシャス・フィールドリアン

4 おっぺけ 69,380 5-4-3-5 
トウショウピスト・ポルトドートウィユ・シュヴァルグラン・マウントハレアカラ

5 あくた 60,800 4-4-4-8 
ダノンメジャー・レガッタ・ネオスターダム

6 バランシーン 52,600 4-2-4-13 
ティルナノーグ・フローレスダンサー・リアルスティール

7 あるど 50,600 6-3-3-11 
トーセンバジル・ダイワコンプリート・プレシャスルージュ・タッチングスピーチ・アースライズ

8 ダイナーマスク 37,700 4-3-4-7
トーセンビクトリー・グレイトフルデッド ・アルバートドック・ボルケーゼ

9 ちっち 28,300 3-2-2-11 
デイドリーム・ドゥラメンテ・クラシコ
posted by PGP主催者 at 07:20| 月刊PGP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

POG GRAND PRIX登録サイト
    競馬    
  最強の競馬サーチ
   競馬専門検索エンジン     

うまりんく+競馬サイト検索


 
POG GRAND PRIXはリンクフリーです。





POG GRAND PRIXのメイン掲示板
PGP-掲示板入り口

PGP2014-15
&順位表(POG自動集計)
 P G P 2014-15 成績表

PGP関連リンク集
POG関連リンク

Paper Owner Gameを楽しむために
初心者のためのPOG Guide

PGPの成績集計はPOG自動集計
ご協力を頂いております。

<主催者 おっぺけ>