2013年10月20日

今週の動き2013 10月第2週(2013年度第20週)

POG/サテライトから3頭が出走したりんどう賞(500万下/京都芝1400m)は
一番人気のエイシンオルドス(大和魂氏2位指名)がスタート後2番手に付けると
直線で同じく好位につけたマラムデール(上三條氏3位指名)とともに抜け出し
3/4馬身差をつけて勝利しました。次走はファンタジーS(11/9・京都)の予定です。
後方からの競馬になったエルノルテ(ダイナーマスク氏4位指名)は
直線一気に追い込むものの届かず4着でした。


指名馬4頭の大攻勢となったあるど氏ですが、テスタメント(4位指名)が
新馬戦で人気に応えて見事勝利しました。
最高峰からレースを進め、直線で大外に持ち出すと一気の加速で
他馬を抜き去り1馬身1/4差の完勝劇でした。
次走は自己条件の葉牡丹賞(11/30・中山)の予定です。
ダンスールクレール(3位指名)は先行するもクビ差の2着に、
新馬戦のサウンズオブアース、未勝利戦のエアカミュゼはともに5着と
着実にポイントを加算しております。

ガートルード(BABE氏8位指名)は5番手追走から追い込むものの
逃げるメイショウアサツユを捉えきることが出来ず2着でした。





文章:おっぺけ
posted by PGP主催者 at 17:44| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

今週の動き2013 10月第1週(2013年度第19週)


今週は評判馬のデビューラッシュとなりました。

ドラフト時に3名競合となったレーヴデトワール(陽だまり氏1位指名)は
予定を早めてのレースとなりましたが好スタートから先団の後ろにつけ、
直線で外に出るとメンバー最速の足を使いゴール前で
ダイヤモンドハイをハナ差でかわして勝利しました。
着差はないものの、余裕のあるつくりでの一戦でしたので
今後はさらに良化が見込まれます。次走は萩ステークスの予定です。
フェイブルネージュ(おっぺけ氏3位指名)は前半折り合いがややつかず
レーヴデトワールの後ろでレースを展開、同等の脚で追い上げるものの3着でした。
こちらも能力の片鱗はみせたので勝ち上がりは期待できそうです。

リルダヴァルの半弟ヴォルシェーブ(陽だまり氏9位指名)は4番手から内を進み
直線一気に加速すると粘る2頭をかわして1馬身と1/4差の勝利。
レースセンスを見せた一戦は混戦模様の牡馬戦線での期待を高めそうです。
今後の予定は黄菊賞からラジオNIKKEI杯2歳Sを目標のようです。
ダノンロンシャン(あくた氏10位指名)は直線入り口でヴォルシェーブと並ぶも
思いのほか伸びず5着でした。

コディーノの全弟トレクァルティスタ(あくた氏6位指名)は
スローペースのレースを3番手で進み、府中の坂を駆け上がると先頭に立ち
追い込んできたラインハーディーをクビ差抜かせず
上がり3ハロン33.6と稍重の馬場での好タイムで勝利しました。
次走は未定で放牧に出されておりますが、順調であれば暮れの中山あたりでしょうか。

ダイワスカーレットの娘ダイワレジェンド(あるど氏1位指名)は
先団を見る形で中位を進むと直線外に出して最速の足を使うも
逃げ粘るヴァイスフェッターを捕らえきれずハナ差の2着でした。
僅差ですから次走での勝ち上がりはほぼ見えてるといえるのではないでしょうか。



デイリー杯2歳ステークス(GU)は一番人気のアトム(ストロング小林氏2位指名)は
レースを中位で進め、直線で追い出すものの好意から先に先頭に立った
ホウライアキコにクビ差届かず2着となりました。勝てなかったものの
最後の脚は目を見張るものがあり、賞金加算も出来たので今後に期待が持てそうです。
好スタートを見せたライザン(あくた氏7位指名)は外枠が不利に働いたか、
道中かかり気味で追って伸びずに着外でした。



未勝利戦のカアナパリビーチ(上三條氏6位指名)はスタートから先頭に立つと
そのままゴールまで駆け抜け、4馬身差をつける完勝劇を見せました。
すべての重賞を制覇している牝馬戦線にまた一頭強い馬が名乗りを上げました。
次走は黄菊賞を予定しており、有力馬が揃う注目の一戦となりそうです。

モントボーゲン(上三條氏1位指名)は直線馬群を割って追い込むも
逃げたロードストームに届かず2着でした。
なかなか勝ちきれませんが堅実な走りを見せており
勝ち上がりも時間の問題かと思われます。




文章:おっぺけ

posted by PGP主催者 at 09:38| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

今週の動き2013 9月第4週(2013年度第18週)

【PGP】
 デビュー戦こそ大敗したものの、2戦目の変わり身できっかけを掴んだワンアンドオンリー(ドラムン氏 7位)
が未勝利戦をクリアしています。好スタートも中団待機。スローペース、勝負どころで前が塞がる不利も
ありましたが開いたところをしぶとく抜け出し1/2差をつけたところでゴールイン。大飛びでエンジンの掛り
が遅いようでもう少し長い距離の方が競馬はし易そうです。

 一息入れたカレンヴィットリア(BABE氏 5位)はデビュー戦と同じ距離に戻しての仕切り直し。結果は
届かずの2着ながら、やはり長い距離の方がレース適正は高そうです。メイショウホウトウ(ドラムン氏 10位)
は兄ほどの末脚は見れませんでしたがデビュー戦としては上々の内容。もう少し前で運べれば2着に
入ったサトノバーキンは交わせたのではないでしょうか。イタリアンネオ(ドラムン氏 5位)は内で動けず
4着まで。ただし大型馬だけに絞れれば変わってくるはずです。


<サテライト>
 トゥザワールド(あくた氏 5位)は6馬身という差を付けられバンドワゴンにまんまと逃げ切られてしまい
ましたが、ここは気性面と完成度の差が出たようです。ダンスールクレール(あるど氏 3位)はデビュー戦と
同じく積極的な戦法に出ましたがもう一押しが足りません。前走大敗から浮上のきっかけは掴めた
のではないでしょうか。
posted by PGP主催者 at 02:10| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

今週の動き2013 9月第3週(2013年度第17週)

<サテライト>
 ライザン(あくた氏 7位)が2戦目で変わり身を見せ快勝しています。デビュー戦から打って変わって
先手を奪うとそこからマイペースの逃げを打ちます。勝負どころから軽く気合を入れられると一気に後続
を突き放す一方。終わってみれば2着に3馬身、3着にも更に2馬身半つける圧勝で難なく未勝利を
クリア。終いも33.5秒と切れ味を見せつけ上のクラスでも活躍できるパフォーマンスを見せています。


【PGP】
 今週は特筆するべき出走馬がない寂しい週となりました。
posted by PGP主催者 at 00:12| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

今週の動き2013 9月第2週(2013年度第16週)

【PGP】
 良血馬がまた1頭勝ち名乗りを上げています。シャドウダンサー(陽だまり氏 2位)が極悪馬場をもの
ともせずゴール前の接戦をモノにしてのハナ差勝ち。好スタートからハナをも奪う勢いでギアをトップに
上げていきます。が、これを嫌った戸崎JK馬を落ち着かせての中団追走。勝負どころから徐々に進出
すると、狭いところに割って入ります。ゴール前は3頭のデットヒート。これをセリ落とすと外から猛追する
ハイプレッシャーをもハナ差退けデビュー戦を飾っています。

 人気を背負ったオリハルコン(大和魂氏 5位)は脚下を掬われた形で2着に涙を飲みましたが、デビュー
戦で顔を覗かせた気性面の課題はやや成長が見受けられました。


<サテライト>
 モントボーゲン(上三條氏 1位)は楽な追走から勝負どころをむかえましたがそこからの一伸びが
ありませんでした。休み明け云々よりも距離延長に問題があったように思われます。
posted by PGP主催者 at 00:02| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

今週の動き2013 9月第1週(2013年度第15週)

今週はPGP・サテライトの直接対決が2レースほど行われました。


土曜阪神5Rは芝1600m新馬戦。
アトム(ストロング小林氏2位指名)とライザン(あくた氏7位指名)は
レースを馬群の中段で進み、4コーナーを回るとアトムは場群を割って
追い込み、先頭にいたミッキーアイルを差し切って見事勝利しました。
評判馬が人気に応えての勝利、今後が期待されます。

ライザンは外に持ち出し追いましたが届かず3着、
こちらも能力は十分に見せたので次走が楽しみです。



阪神2Rは芝1600mの未勝利戦。
人気のプロクリス(ダイナーマスク氏3位指名)は好スタートを決めると
好位につけ、直線を内から抜け出すと大きく伸びてそのまま勝利。
また強い牝馬が1頭勝ちあがりました。

2着には大外から強襲したワンアンドオンリー(ドラムン氏7位指名)が
13番人気と低評価を覆す末脚を見せ入線、
ダンスールクレール(あるど氏3位指名)は最後方からのレースで
上位陣と遜色のない足色で追い込むも4着でした。



新馬戦は坂路高時計から芝を使ってきたカレンマタドール(大和魂氏4位指名)は
当初の予定通りダートの未勝利戦へ(土曜阪神1R/ダート1400m)。
道中2番手から持ち出すと一番人気のスザクと追い合いクビ差の勝利。
今後は適正のあるダートか、こなせる芝か気になるところです。



2週ほど出走馬のいなかったPGP勢ですが、2勝2着一回と実力を示し、
サテライトはダイナーマスク氏が4頭目の勝ちあがりと脅威の勝率を見せております。



文章:おっぺけ
posted by PGP主催者 at 21:28| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

今週の動き2013 8月第5週(2013年度第14週)


<サテライト>
 北の大地の短い夏の終わりを告げる2歳重賞函館2歳SにはPGP・サテライトより3頭が出走しています。
最先着はレッドリヴェール(おっぺけ氏 10位)。出負けして後方からの競馬を強いられます。逃げ・先行
有利の極悪馬場、出入りの激しい競馬でも慌てず騒がず中団待機で勝機を伺います。他馬が道悪に
苦しむ中、内めをスイスイと直線入り口でマイネグレヴィルを射程圏に捕らえるとそこから一気にスパート、
2着馬には食い下がられたものの並み居る牡馬陣を蹴散らし重賞制覇。ビワハイジ以来という18年ぶり
の快挙にその能力の高さがうかがい知れます。

 プリンスダム(ダイナーマスク氏 10位)がデビュー戦を見事1番人気に応えています。行き脚がつかず
後方からの競馬も勝負処からはさすがの末脚を繰り出し終わってみれば1馬身1/4差の完勝でした。
道中フラフラと若さを見せる点、速い時計への対応は今後の課題といえそうですがこの血統背景を
考えるとこの時期のデビュー勝ちとそのパフォーマンスは来春の活躍を予言させるには十分でしょう。

 カアナパリビーチ(上三條氏 6位)は2戦目できっちり絞れた印象。積極的な競馬から一気に勝ちを
捥ぎ取りにかかりましたが、この極悪馬場ではいささか可哀想な結果に終わっています。


【PGP】
 今週も出走馬がありませんでした。


 先週の上三條氏の独走態勢に待ったをかけるレッドリヴェールの重賞勝ち。おっぺけ氏は順位を
2つ上げ首位に喰らいついていきます。ダイナーマスク氏も3頭目の勝ち上がり。上位2名を虎視眈々
射程圏から逃さず追走です。
posted by PGP主催者 at 21:33| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

今週の動き2013 8月第4週(2013年度第13週)


<サテライト>
 こと座の一等星ベガの忘れ形見ハープスター(上三條氏 2位)が過ぎ行く夏の新潟に一等大きく
輝いてみせました。最後方から直線だけで17頭をゴボウ抜き、ライバル達が止まってさえ見えるド派手
な勝ち方で最後は3馬身差の圧勝。このメンバーではチカラが1枚も2枚も上である事を証明し、来春
の桜の女王を強く意識させるには十分の内容でした。

 デビュー戦では目標のされた形で厳しい競馬を強いられたレヴアップスピン(ダイナーマスク氏 2位)
でしたが、ここでは1番人気に応えることがきています。5分のスタートから中団待機、直線入り口でGO!
サインを貰うとそこからは一気の末脚で終わってみれば3/4馬身差の勝利。モタれたり手前を変えな
かったりと課題は多いものの、ここはひとまず順当勝ちといったところではないでしょうか。


【PGP】
 今週は出走馬がありませんでした。


上三條氏は新潟2歳Sを制覇。今期のPGP・サテライトを含め重賞1番星を飾っており、牝馬の上三條
ここにありを示しています。
posted by PGP主催者 at 23:19| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

今週の動き2013 8月第3週(2013年度第12週)

【PGP】
土曜小倉未勝利戦(芝1800m)ではレッドアルヴィス(BABE氏6位)、リラヴァティ(こなん氏3位)が1、2番人気と支持を集めましたが、
それぞれ5着、4着と人気を裏切る結果に終わりました。
差し馬同士の決着となったように先行した両馬にとっては厳しい展開だったようです。

日曜新潟未勝利戦(芝1600m)に出走したキネオメジャー(ストロング小林6位)は全くついていけなかった初戦から一変。
中団から渋太く脚を伸ばし3着と好走しました。

日曜函館新馬戦に出走したガートルード(BABE氏8位)は好位追走も超スローペースで折り合いを欠くシーンがありました。
直線での追い比べで失速し5着に敗れましたが、稍重の発表以上にタフな馬場も非力な牝馬には堪えたかもしれません。

【サテライト】
土曜新潟新馬戦(芝1400m)でデビューしたキュリオスティー(ダイナーマスク氏1位)はスタートで出負け。
その後も行き脚がつかず、直線でも数頭を交わしただけで10着に終わっています。
直線ではまずまずの脚を見せていますが、良くなるには時間がかかりそうな印象です。

日曜函館新馬戦(芝1800m)でデビューしたロードフォワード(おっぺけ氏6位)は、
好スタートから枠順を利してハナを奪うとそのままスローペースに落として逃げます。
直線での決め手勝負でも脚は衰えず後続の追撃を振り切って初勝利を挙げています。
道悪、超Sペースと特殊な状況下での一戦だっただけに、次戦の2歳Sで真価が問われます。
posted by PGP主催者 at 10:57| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

今週の動き2013 8月第2週(2013年度第11週)

【PGP】
土曜新潟新馬戦(芝1600m)に出走したサトノアラジン(大和魂氏3位)は無難にスタートを決め、
先行集団を見ながら中団で流れに乗ります。
直線では余裕綽々に大外に持ち出すとほぼ馬なりのまま後続を突き放して快勝しました。
前評判に違わぬ強さで今後が楽しみになるデビュー戦でした。

【サテライト】
日曜新潟新馬戦(芝1400m)ではメドウヒルズ(おっぺけ氏8位)とイトハユリ(上三條氏9位)がデビュー。
メドウヒルズは好スタートから控えて中団追走、直線では一瞬脚を見せましたが、伸び切れず5着に終わりました。
イトハユリは内枠から先団に付けて直線は4角で外に持ち出したものの最後は他馬と脚が一緒になってしまい6着でした。
1〜6着までが0秒4差、7着以下が7馬身離されていることからすると着順ほど悲観する内容ではありませんでした。
posted by PGP主催者 at 22:19| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

今週の動き2013 8月第1週(2013年度第10週)


【PGP】
土曜新潟5R(芝1800m)でデビューしたオリハルコン(大和魂氏5位)は、パドックで馬っ気を出すなど、
若さを見せていましたが、レースでは好位のインで上手く立ち回りました。
最後は決め手の差が出て4着に敗れましたが、叩いた変わり身は大きそうです。

日曜新潟5R(芝1600m)ではシーサイドバウンド(ストロング小林4位)と
レッドメイヴ(大和魂氏7位)がデビュー。シーサイドバウンドは好スタートから先行し、
直線では口向きの悪さを見せながらも渋太く伸びて2着を確保しました。
展開に恵まれた面もありますが上がりもまとめており次戦が楽しみになりました。
一方、レッドメイヴは好位でレースを進めましたが直線では追い出しが遅れるシーンもあって3着まで。
ラストもジワジワと伸びておりデビュー戦としては悲観する内容ではありませんでしたが、
歩様が硬いとのコメントからすると高速馬場での上がり勝負が向かなかった感もあります。

日曜小倉新馬戦(芝1800m)に出走したワンアンドオンリー(ドラムン氏7位)は中団やや後ろを追走。
直線でもこの馬なりに伸びてはいますが、これといった見せ場なく11着に敗れています。
この厩舎らしく使われながらの変わり身を待ちたいところです。

土曜小倉1R(芝1800m)に出走したヴァンクウィッシュ(こなん氏9位)は前走と打って変わって先行策。
直線でも2着馬を寄せ付けず嬉しい初勝利を飾っています。
高額馬揃いの池江厩舎にあってどちらかといえば地味な存在でしたが、
一戦毎の進境著しく、今後の活躍が期待できる強いレース内容でした。


【サテライト】
土曜新潟新馬戦(芝1800m)に出走したガリバルディ(あるど氏2位)は
若干折り合いを欠く場面もありましたが、好位で上手く流れに乗って直線でも良く伸びたものの2着まで。
今回に関しては勝ち馬の決め手が一枚上だったようです。
仕上がり途上との陣営のコメントからも悲観する内容ではなかったでしょう。

日曜小倉新馬戦(芝1800m)に出走したプロクリス(ダイナーマスク氏3位)は中団で折り合い、
直線では良く伸びたもののあと一歩届かず2着でした。
最後の脚は目立っており能力の高さを見せました。中央場所に替わって更に良さが出そうです。

先週は直接対決でサテライト勢が2勝と気を吐きました。
PGP勢には猛省を促したいところです。



文章:ストロング小林
posted by PGP主催者 at 15:01| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

今週の動き2013 7月第4週(2013年度第9週)

【PGP】
日曜新潟5R(芝1600m)でデビューしたライトニングロアー(こなん氏7位)は、
キズナと同ラインということもあってか2番人気と支持を集めました。
スタートで後手を踏み、その後は中団馬群に取り付き、
直線でもよく伸びましたが開幕週の高速馬場に加えSペースとあって6着に追い上げるのが精一杯でした。
直線の伸び脚に素質の片鱗を感じました。使っていけば順番は回ってきそうです。

【サテライト】
ライトニングロアーと同じレースに出走したシュタインベルガー(おっぺけ氏)も、
血統面を評価されたのか3番人気と支持を集めました。
レースではスタートも無難に決め、中団馬群のインで脚を矯めているように見えましたが、
直線で追い出してからの伸びが案外。11着に終わりました。
デビュー予定を延期したように中身が出来ていなかったことに加えて、
高速馬場への適性にも疑問が残る内容でした。
立て直してのレースに改めて注目したいところです。

小倉1R未勝利戦(芝1200m)に出走したエイシンソルティー(あるど氏10位)は、
1倍台の支持を集めたものの前走ほどの伸び脚は見られず3着に終わっています。
とはいえ、芝に変わっての安定したレースぶりは評価でき、
同ラインのエイシンタイガーのように、ライバルにとっては厄介な存在になるかもしれません。



文章:ストロング小林
posted by PGP主催者 at 10:33| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

今週の動き2013 7月第3週(2013年度第8週)

【PGP】
 カレンブラックヒルの弟、レッドアルヴィス(BABE氏 6位)がデビュー戦を2着に纏めています。勝ち馬
の直後から虎視眈々と狙っていたものの、ラスト2Fがいずれも11秒台の上がりでは最速の上がりを
もってしても差し切るまでには至りませんでした。

 クールオープニング(こなん氏 10位)は勝ったモズハツコイを見る絶好の形でレースは進めたものの、
前走のような勝負どころからの伸び脚は見られませんでした。


<サテライト>
 スナッチマインド(あるど氏 8位)は2着に敗れたものの、スッと好位をとれる行き脚の良さはこの時期の
2歳馬になかなかできるものではありません。粘りを見せたものの最後は2馬身に力尽きましたが、もう少し
長い距離のレースの方が走り易そうです。

 カアナパリビーチ(上三條氏 6位)は出遅れが響いた形の3着まで。道中の不利もあり結果は伴い
ませんでしたが内容としてはマズマズのデビュー戦ではなかったでしょうか。ステファノス(あくた氏 2位)は
絶望的な位置から最後は4着まで詰めてきておりチカラのあるところは見せられたのではないでしょうか。
ウインボナンザ(ダイナーマスク氏 7位)は勝負どころでの反応の悪さが少し気になります。もう少し広い
コースの方が走りやすいのかもしれません。
posted by PGP主催者 at 08:38| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

今週の動き2013 7月第2週(2013年度第7週)

<サテライト>
 期待の良血馬がデビュー戦を鮮烈に飾っています。ハープスター(上三條氏 2位)は中団待機から
4コーナーにかけ一気に外に持ち出し末脚勝負に賭けますが、勝負処で他馬を気にする若さを見せ
進路を内に内に切れ込みます。結果的に先行2騎の間を割って豪快に突き抜け、1馬身3/4差の
完勝で素質の違いを見せ付けていますが、直線入り口で少しモタつく所も見受けられもう少し長い
距離の方がレースはし易そうです。


【PGP】
 ヴァンクウィッシュ(こなん氏 9位)は逃げたデビュー戦とは一転、後方待機でよどみのない流れの中
勝機を伺ったものの、先行2騎の勢いは止められず3着まで。しかし、直線入り口でまだ後方にいた
事を考えれば上々の内容ではありますが、やはり自分から先に動いて押し切りを狙った方がこの馬に
とっては合っているのかもしれません。
posted by PGP主催者 at 23:27| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

今週の動き2013 7月第1週(2013年度第6週)

今週はサテライトから2頭の出走がありました。


エイシンソルティー(あるど氏10位指名)は中京の未勝利戦(芝1200m)に。
初戦のダートから芝へ条件を変えての2戦目は少しもたついたスタートも
4コーナーを回って追いだすと上がり3ハロンを最速の足で駆け上がり
レコードタイムで勝ったイスルギのクビ差の2着でした。
血統的にはダート向き、と思われましたが切れる脚を魅せつけての好走。
次走情報は確認できませんが、コース的には長い直線の新潟あたりが向いていそうです。


ウインボナンザ(ダイナーマスク氏7位指名)は函館の新馬戦(芝1800m)。
まずますのスタートから外目3番手につけるとそのまま追走。
逃げるサングラスの作るペースは1000m67秒とかなりスローな展開に。
外を回って直線に入るも思いのほか足は伸びず6着でした。
次走は1週開けて同条件の未勝利戦の模様です。


【指名馬の近況】


ここまで勝ち上がった指名馬の近況です。


エイシンオルドス(大和魂氏2位指名)…放牧中。
次走は小倉が有力も秋の阪神まで休養の噂も?


レッドリヴェール(おっぺけ氏10位指名)…放牧中。
次走は札幌2歳ステークス(GV・8/31)が有力。


マラムデール(上三條氏3位指名)…放牧中。
次走はコスモス賞(OP・8/10)が有力。そのまま札幌2歳ステークスへ。


エルノルテ(ダイナーマスク氏2位指名)…放牧中。
次走は不明。秋からの復帰が有力か。


代筆:おっぺけ
posted by PGP主催者 at 21:49| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

今週の動き2013 6月第5週(2013年度第5週)

<サテライト>
 エルノルテ(ダイナーズマスク氏 4位)が人気に応えてデビュー戦を快勝しています。出負けしてやや
後方から、4コーナーでも外々を回らされる厳しい競馬の中早め進出から一気にゴール板を駆け抜け
ます。最後はやや詰め寄られましたが経済コースをロスなく追走してきたモズハツコイと比べてもここは
完勝とみてよさそう。やや余裕残しでのデビューからも今後の上積みも大きいのではないでしょうか。

 メジャースタイル(あるど氏 9位)は中2週で未勝利戦へ。前走から-12kg、着差、タイムも詰めてきて
いることから、着実に前進はしていると見てよさそうです。


【PGP】
 リラヴァティ(こなん氏 3位)はデビュー戦で2着。道中、絶好位で折り合い直線一気のスパートで
追い上げましたが、ここは勝ったマイネルメリエンダの仕上がりの良さ、しぶとさに屈した形で最後はクビ差
届かずでした。クールオープニング(こなん氏 10位)は直線で内を衝く作戦が裏目を見た感が否め
ませんが、勝ったウインスプラッシュの強さも目立っており、ここをクリアするにはもうワンパンチ必要でしょう。
posted by PGP主催者 at 23:43| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

今週の動き2013 6月第4週(2013年度第4週)

<サテライト>
 ダイナーズマスク氏のPGP(サテライト)初陣。レヴアップスピン(ダイナーズマスク氏 2位)が東京芝
1400m戦でデビューです。まずまずのスタートからスピードの違いを見せ馬也でハナへ。道中セーフティ
リードを保ちつつ直線内ラチ沿いを伸びてきたものの、マークをされる形となったマーブルカテドラルに
坂の上から捕らえられ終わってみれば1馬身3/4差の2着まで。厳しいレースとなりましたが、落ち着いた
レース振りとセンスはキラリと輝るものがありました。


【PGP】
 阪神芝1800m戦でデビューしたカレンヴィットリア(BABE氏 5位)は3着まで。勝負処から狭いところを
つく勝負根性は見るべきものがありましたが、ここは上位2頭の脚色のよさに敵わなかった形です。
4着のヴァンクウィッシュ(こなん氏 9位)は1000m66秒という超スローペースで逃げを打ったものの、
馬場の悪さも堪えたか終わってみれば4着まで。着差を見れば悲観する内容ではなかったものの、
1番人気に応えられない結果に終わりました。
posted by PGP主催者 at 22:59| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

今週の動き2013 6月第3週(2013年度第3週)

<サテライト>
 エイシンソルティー(あるど氏 10位)は芝向きとの陣営の見解もダート戦でのデビュー。終始つつかれる
厳しい展開での結果なら一定の評価はしてよさそうです。メジャースタイル(あるど氏 9位)も3着。
まだ少し余裕のある身体つきで、仕上がり途上の感が否めませんでした。


【PGP】
 今週は出走馬がありませんでした。
posted by PGP主催者 at 16:48| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

今週の動き2013 6月第2週(2013年度第2週)

<サテライト>
 入厩後の調教過程から不安視されたマラムデール(上三條氏 3位)でしたが、心配無用良血馬に
恥じない内容でデビュー戦1番人気に応えています。ワイドアミーゴがハナを切り、ウェザーストームが
2番手で落ち着くスローペースの中、中団のインを追走。各馬が一団となって直線に向くと先に抜け
出したイスルギを馬群を捌いてインから詰め寄り、最後は2頭のマッチレースを制して見事勝利を収め
ました。


【PGP】
 レッドラウディー(BABE氏 2位)はゲート入りを嫌う若さを見せ、レースでも出負けから後方待機を
余儀なくされた形になりましたが、最後はインを一気に強襲し2着を死守。他馬とは明らかに違う末脚は
慣れを見込まれる次走以降の脅威になるでしょう。
posted by PGP主催者 at 22:13| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

今週の動き2013 6月第1週(2013年度第1週)

<サテライト>
 POG GRAND PRIX2013-2014シーズン開幕1番星を上げたのはレッドリヴェール(おっぺけ氏 10位)
でした。タイセイララバイが軽く仕掛けてハナを奪う5頭一団のスローの競馬。最後方から進み直線
入り口から一気に粘りこみを図る同馬を外から33.3秒の脚で差し切り1/2馬身差での勝利。少数頭の
競馬でしたが気負う事なくスムーズに運べたのが良かったのではないでしょうか。今後は頭数が増えた時
の揉まれる競馬が課題となりそうです。逃げ馬をマークする形のダンスールクレール(あるど氏 3位)
でしたが、勝負処から意外に伸びませんでした。レース中も他馬を怖がる仕草を見せるあたり、気象面
での成長がこの馬の大きな課題のようです。

 モントボーゲン(上三條氏 1位)は好位でスムーズに運べたものの直線半ばでは内で詰まるシーン
が見受けられここは勿体無いレースでした。


【PGP】
 PGP1番星はエイシンオルドス(大和魂氏 2位)。好スタートから一気にハナを奪うと終始楽な手応え。
直線に入ってからも同様でほとんど追う事もなく後続を引き離し終わってみれば2馬身1/2差の快勝劇。
ここでは他馬との仕上がりの差も目立ちましたが、距離ももう少し伸びても大丈夫に見受けられました。
posted by PGP主催者 at 13:26| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

POG GRAND PRIX登録サイト
    競馬    
  最強の競馬サーチ
   競馬専門検索エンジン     

うまりんく+競馬サイト検索


 
POG GRAND PRIXはリンクフリーです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。