2014年03月28日

今週の動き2014 3月第4週(2013年度第43週)

【PGP】
 ファルコンS出走のサトノルパン(陽だまり氏 4位)は2着でした。終始チグハグのレース振り、スタートで
後手を踏み直線では行き場を失う不利はありましたが、それでも勝ち馬をクビ差まで追い詰めチカラ
のあるところはみせました。本番NHKマイルCでも発馬がカギとなりそうです。

 デビュー戦快勝後自己条件ではいささかくすぶっていた感があるロジテースト(ストロング小林氏 10位)
でしたが3着に健闘しています。これまで小回りコースでは窮屈な感じも受けましたが、今回は中団より
スムーズに流れ込んだ感。これがいいきっかけになるのではないでしょうか。リバーソウル(ストロング小林氏 3位)
は4着に。ダート替わりで未勝利クラスは脱出しましたが、引っ掛かり気味のレースでは上のクラスでは、
もう一踏ん張りが利かないようです。

 ガートルード(BABE氏 8位)はダートに矛先を変えて2着に。ダート初戦でこれだけスムーズにレースを
運べれば未勝利脱出も時間の問題かもしれません。サンドラバローズ(こなん氏 8位)は競り合いの末3着に。
馬格がない分どうしても競り合いには弱い傾向にあります。減り続ける馬体重も気になるところです。

 脚下の頓座もあってここまでデビューが遅れたグレートアイランド(BABE氏 1位)はダート1800mで
デビュー。結果は4着でしたが、最後に見せた末脚は今後芝のレースで大きな武器になるはずです。


<サテライト>
 トレクァルティスタ(あくた氏 6位)は自己条件で2着。メンバーの軽さは否めませんが外々を回って勝ち馬
を追い詰めたレース振りは価値があります。サウンズオブアース(あるど氏 5位)は若葉S3着で皐月賞の
切符には今一歩届かず。これまでの切れ味はここでは発揮されずませんでした。荒れ始めた馬場が
この馬には気になったのかもしれません。

 ダノンロンシャン(あくた氏 10位)はダート戦に矛先を変え3着。ダート緒戦でこの結果ならまずまずです。
エイシンソルティー(あるど氏 10位)は距離を戻しての3着。前走の一気の距離延長が不可解だっただけに、
この結果が好転のきっかけになるはずです。エアカミュゼ(あるど氏 7位)は放された着では着順ほど
誉められた結果ではありません。芝では今一つ弾けない内容からダートへ矛先を向けるのも1つの手かも
れません。

 フラワーC出走のマローブルー(おっぺけ氏 5位)は4着。追い出してからの馬場を気にしていた様にも
思え、伸び切れなかった要因はそこにあったのではないでしょうか。


今週はPGP・サテライトとも勝ち星のない寂しい週末となりました。
posted by PGP主催者 at 01:27| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

POG GRAND PRIX登録サイト
    競馬    
  最強の競馬サーチ
   競馬専門検索エンジン     

うまりんく+競馬サイト検索


 
POG GRAND PRIXはリンクフリーです。