2014年05月02日

今週の動き2014 4月第4週(2013年度第48週)

【PGP】
 姉ブエナビスタを彷彿とさせる鬼脚でサングレアル(大和魂氏 1位)がフローラSを制覇、樫の大舞台
へ駒を進めています。スタートの出はイマイチ、激しいポジション争いを繰り広げる先団に巻き込まれること
なく後方のマイポジションを進んでいきます。直線入り口から進路を外に取るとそこからは追い出すタイミング
を計っての猛チャージ。12頭をゴボウ抜き、アタマ差だけ捉えてみせ本番に向けての絶好のデモンストレーション
といったところでしょう。対するは僚馬ハープスター。一級品の末脚は両馬あい譲らずといったところですが、
問題はこれまで悩まされ続けてきた体調管理に尽きるでしょう。

 むかえて9戦目の未勝利戦でしたカレンヴィットリア(BABE氏 5位)はこれまでと違った積極策に出た
ものの2着まで。ここ2戦は後退した感が否めなかった事もあり良いきっかけになれば未勝利脱出に繋がって
くるのではないでしょうか。

 新緑賞のオリハルコン(大和魂氏 5位)は4着。勝負どころで行き場を失った不利は痛かったですが、
このクラスならチカラでこじ開ける位のものは見せて欲しかったところです。ヴァンクウィッシュ(こなん氏 9位)
はあずさ賞に出走、終始2番手から流れに乗ったものの、勝負処からは伸びずに4着と速い上がりに
課題を残しています。


<サテライト>
 モントボーゲン(上三條氏 1位)が7戦目で未勝利脱出を果たしています。ここまで不利等もあり不本意な
成績に甘んじることが多かったですが、スムーズな競馬さえできればこれ位のチカラがあって不思議では
ありません。ダート2戦目での慣れも見込めますが、芝のレースでもやっていけるだけのものはあるのでは
ないでしょうか。

 フローラS出走のマローブルー(おっぺけ氏 5位)はクビ差届かず4着と樫の切符は逃してしまいましたが、
枠順と減り続ける馬体重が少なからず影響したのではないでしょうか。


posted by PGP主催者 at 08:42| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

POG GRAND PRIX登録サイト
    競馬    
  最強の競馬サーチ
   競馬専門検索エンジン     

うまりんく+競馬サイト検索


 
POG GRAND PRIXはリンクフリーです。