2014年04月25日

今週の動き2014 4月第3週(2013年度第47週)

【皐月賞】
 牡馬クラシック第一弾皐月賞はPGP・サテライトから5頭が出走しています。最先着を果たしたのは、
トゥザワールド(あくた氏 サテライト5位)。スタート直後から8枠3頭で先頭集団を形成、ウインフルブルーム
の逃げを見る形で終始3番手あたりをスムーズに追走し、直線粘り込みを計ります。坂の上りで
ウインフルブルームは捉えたものの、道中リキんで走っていた分最後の踏ん張りが利かずイスラボニータ
の強襲に屈して1馬身1/2差の2着。結果的には外枠と逃げ馬の淀みない流れはこの馬にとっては
マイナスに作用した形で1番人気に答えられなかった結果に終わりました。

 ワンアンドオンリー(ドラムン氏 PGP7位)はスタートダッシュが決まらず最後方待機策。イスラボニータ
を終始マークする形でレースを進めます。慌てず騒がず3コーナーから進出を開始すると粘り込みを計る
8枠2頭に襲いかかりますが、最後はアタマ差及ばず4着まで。馬券圏内は逃しましたが、勝ち馬に
次いで強い競馬でダービーに向けて悲観する内容ではありませんでした。

 ステファノス(あくた氏 サテライト2位)もイスラボニータをマークする形でのレースでしたが、ここでは今一歩
及ばず。上位4頭とはチカラの差を見せつけられた感があります。ベルキャニオン(ドラムン氏 PGP2位)
はスタート直後のポジション取りが最後まで響きました。広い府中のコースではもう少し思い切ったレース
で実力を発揮しそうです。3連勝で人気を背負ったトーセンスターダム(あくた氏 サテライト1位)は久々が
影響したのか4コーナーで脱落した感。この馬の本格化はもう少し先のようです。


【その他PGP】
 メイショウホウトウ(ドラムン氏 10位)は未勝利戦で2着。前走の積極策できっかけを掴んだようです。
ロードヴォルケーノの末脚に脚下をすくわれた形になりましたが未勝利クラス卒業は時間の問題かも
しれません。


<その他サテライト>
 若葉Sで惜しくも皐月賞切符を逃したサウンズオブアース(あるど氏 5位)がゴール前の競り合いを
制して自己条件をクリア。格上挑戦でも難なく好位を取れたレースセンスはここでも大きな武器になり
ますが、ゴール前のしぶとさも見逃せない武器になることでしょう。

 エイシンソルティー(あるど氏 10位)は8戦目の未勝利戦も1/2差の2着。しかし、様々な条件で走らされ
ている事を考えればこの安定感はなかなか見るべきものがあります。今回のレースで条件を絞ること
ができればこのクラス脱出へググっと近くなるのではないでしょうか。
posted by PGP主催者 at 03:56| Comment(0) | 今週のPGPの動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

POG GRAND PRIX登録サイト
    競馬    
  最強の競馬サーチ
   競馬専門検索エンジン     

うまりんく+競馬サイト検索


 
POG GRAND PRIXはリンクフリーです。